検査を受けよう

悩む男性

原因から治療法を探る

ある日突然、隣家や階下などの生活音が気になるようになったという人は多いものです。それだけではなく、これまではむしろ快適だと感じていた音までも不快に感じるようになってしまったということもあります。このように、どんな音でも過敏に感じてしまうようになったら、何か聴覚に異常が起きているのかもしれません。単純に耳の病気ということもありますが、中には精神的な病気のこともあります。ここは一つきちんと調べてみた方がいいかもしれません。手軽にできる検査としては、ネット上に載っている聴覚過敏チェック大人向けの検査を試してみることです。質問項目に一つ一つ回答し、当てはまる項目が多ければ多いほど精神的な病気の可能性が高いと判定されます。しかし、聴覚過敏チェック大人向けのネット検査は信頼できるものもあれば、そうではないものもあるので、あくまでも参考までにしておきましょう。チェックしてみて気になるのなら、耳鼻科を受診してみるのも一つの手段です。聴覚の異常なら耳鼻科で調べてもらえます。耳の病気の場合、すぐに治療を受けられることでしょう。一方、精神的な病気が原因なら耳鼻科では解決しません。心療内科や精神科を受診することになります。うつ病などの精神的な病気になるとどんな音でも敏感に聴こえてしまうことがあるのです。

聴覚過敏チェック大人向けの検査を受けてみて心の病気だと判明したら、すぐに治療を受けましょう。放置しているとますますひどくなってしまうことがあります。聴覚過敏チェック大人向けの検査はネットでもできますが、できれば専門のところで受けた方が無難です。最初は耳鼻科を受診しましょう。耳の聴こえ方に問題があるのは耳の病気が原因かもしれないからです。ここで検査を受けて耳の病気だと判明したら適切な治療を受けましょう。ところが、聴覚過敏になるのはたいてい心の病気ということがあります。心の病気なら、これは心療内科や精神科の治療範囲です。心療内科や精神科でカウンセリングを受けてみましょう。カウンセリングでは原因を探ります。ストレスが関係していることが多いので、どんな時にストレスを感じているのか調べるのです。例えば、平日は特に聴覚過敏になるという人は仕事がストレスとなっている可能性があります。家に帰るとおさまるというのなら、まさにそうです。このような人には休息を提案されます。しばらく仕事を休んだり、趣味に没頭したりするといいでしょう。特に薬物治療をせず、環境を変えることで症状が出なくなることもあるのです。実際に休息するだけで効果を得られることもあります。

Copyright© 2019 ストレスからくる心身の病気という可能性もある All Rights Reserved.